メールマガジン 第17号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テラエナジー×あわエナジー メールマガジン

第17号

発行日 2021年12月17日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 クリスマスのイルミネーションが街を彩る季節になりました。

 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


 いつもあわエナジーをご支援くださいまして、ありがとうございます。


 今年もたいへんお世話になりました。

 よいお年をお迎えになりますよう、心よりお祈り申し上げます。



<目次>

 1 みんなの力で920tのCO2を削減

 2 市場連動プランのお客さまへ

 3 気候変動に関するニュースから

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃1 みんなの力で920tのCO2を削減

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 このたび、テラエナジーでんきへの切り替えにともなう11月の二酸化炭素(CO2)削減効果がわかりましたので、お知らせします。


 11月の契約者数は269件、供給電力量は426,304kWhでした。

 

 もしみなさまが四国電力の電気を使っていたとすれば173,932kgのCO2を排出していたことになりますが、テラエナジーでんきに切り替えてくださったことによって排出量は51%少ない89,098kgに抑えることができました。四国電力の電気を使っていた場合に比べて、84,834kg(約85t)のCO2を削減したことになります(注1)。

 昨年7月にテラエナジーが四国で電力の供給を開始してから17か月の削減量は、919,551kg(約920t)になりました。


 ところで、920tのCO2って、どれほどのものなのでしょうか。


環境省が2021年3月に発表した「平成31年度(令和元年度)家庭部門の CO2排出実態統計調査の結果(確報値)の概要」によれば、1世帯あたりの年間CO2排出量は2.72tです。


 920tのCO2を削減したということは、338もの世帯が排出するCO2を削減したことになります。すごい!


 これだけたくさんのCO2を削減できたのは、みなさまがテラエナジーでんきに切り替えてくださったおかげです。ほんとうにありがとうございます!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃2 市場連動プランのお客さまへ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 国際的なエネルギー価格の高騰を受けて、電気・ガス・ガソリンなどのエネルギー価格の値上げが続いています。本日12月17日付の日本経済新聞でも「電気料金、2月も上昇続く」という記事で、電気料金の値上げは来年年2月まで続くと伝えています。発電燃料価格の上昇を受けて、卸電力市場の価格も上がっています。


 そのため、あわエナジーでは市場連動プランのお客さまあてに、固定単価プランへの変更をお薦めするよう、メール、または郵送でお知らせをお送りしました。

 プランの変更について、わからないことがありましたら、どんな小さなことでもかまいませんので、担当するメンバー、あるいは細川までご遠慮なくお問い合わせください。


 この件に関しては、あわエナジーの細川まで、お気軽にご連絡ください。

 細川 メール:hosokawa5869@ybb.ne.jp  電話:090-1172-0704


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃3 気候変動のニュースから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 子どもたちの未来を守るために


「わたしたちの未来を奪わないで」

 気候変動の解決を求めて、世界中の若者や子どもたちが声を上げています。この子どもたちの訴えの正しさが、科学的に裏づけられました。


 ベルギーのブリュッセル自由大などの国際研究チームが世代ごとに気候変動の与える影響を分析したところ、2020年に生まれた子どもたちは、1960年代に生まれた祖父母の世代よりも2〜7倍も多く災害に襲われるリスクが高いことがわかりました。

 気候変動によって気温が上昇するにつれて気候災害が増加することは指摘されていましたが、この研究は気候変動による世代間格差を、災害に遭遇する格差によって明らかにしました。


 子どもや孫はもちろん、これから生まれてくる子どもたちを守るためにも、気候変動を防ぎたいですね。


 あわエナジーでは、気候変動を防ぐために、できるだけ多くのみなさまにテラエナジーでんきに切り替えていただけるよう、引き続き努力を重ねてまいります。


 みなさまのお知り合いの方のなかに、環境にやさしい電気を使いたい、電気料金を節約したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお声がけください。あわエナジーのメンバーが説明にお伺いします。

 テラエナジーでんきに切り替える人が増えれば増えるほど、より多くの二酸化炭素を削減することができます。もっと多くのCO2が削減できるよう、力をお貸しいただければ幸いです。


(注1)

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度に基づいて、電力各社の2020年度の排出係数が公表されましたので、7月から新しい排出係数に基づいて計算しています。

   四国電力   2020年度 0.408kg−CO2/kWh (2019年度  0.411 kg-CO2/kWh) 

   テラエナジー 2020年度 0.209kg−CO2/kWh (2019年度  0.148 kg-CO2/kWh)



 テラエナジー株式会社

 〒615-0854 京都府京都市右京区西京極堤外町18−124

 tel : 075−974−4851 mail: info@tera-energy.com web: https://tera-energy.com/

 一般社団法人あわエナジー

 〒770-0046 徳島県徳島市鮎喰町1-35-6

 tel : 090-2899-9880 mail: info@awa-energy.com web: https://www.awa-energy.com/