メールマガジン 第12号


テラエナジー×あわエナジー メールマガジン

第12号

発行日 2021年7月16日 


 四国の梅雨明けも間近になりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。


 いつもあわエナジーをご支援くださいまして、ありがとうございます。


 1年前の7月、テラエナジーが四国でサービスを開始すると同時に、あわエナジーが「テラエナジーでんき」の普及に取り組み始めてから1年を迎えました。この間には卸電力市場の高騰などの困難もありましたが、いつもご支援くださるみなさまのおかげで1周年を迎えたことに、心よりお礼を申し上げます。

 あわエナジーでは、これからも地球温暖化を防止する活動を進めてまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


 

<目次>

 1 みんなの力で243tのCO2を削減

 2 気候変動に関するニュースから

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃1 みんなの力で243tのCO2を削減

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このたび、テラエナジーでんきへの切り替えにともなう6月の二酸化炭素(CO2)削減効果がわかりましたので、お知らせします。


 6月の契約者数は263件、供給電力量は458,721kWhでした。

 

 もしみなさまが四国電力の電気を使っていたとすれば188,534kgのCO2を排出していたことになりますが、テラエナジーでんきに切り替えてくださったことによって排出量は64%少ない67,891kgになりました。四国電力の電気を使っていた場合に比べて、120,6444kg(約121t)のCO2を削減したことになります(注1)。

 昨年7月にテラエナジーが四国で電力の供給を開始してから1年間の削減量の累計は、363,715kg(約364t)になりました。1年で364tということは、ほぼ1日に1tずつ削減した計算になりますね。


 ところで、364tのCO2って、どれほどのものなのでしょうか。


 今回は、一般家庭の1年間のCO2排出量と比較してみます。環境省が2021年3月に発表した「平成31年度(令和元年度)家庭部門の CO2排出実態統計調査の結果(確報値)の概要」によれば、1世帯あたりの年間CO2排出量は2.72tでした。


 364tのCO2を削減したということは、134世帯分のCO2が削減できたことになります。すごい!

 これだけたくさんのCO2を削減できたのは、みなさまがテラエナジーでんきに切り替えてくださったおかげです。本当にありがとうございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃2 気候変動のニュースから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 地球温暖化のコストが増え続けています。

 火災保険の保険料が、来年度からまた値上がりします。


 火災保険は、火事だけでなく、豪雨や台風などによる被害も保障します。今年の梅雨も、静岡県熱海市の土石流をはじめ全国各地に浸水被害などをもたらしたように、災害の増加にともなって保険会社が支払う保険料は増加の一途をたどっています。


 そのため、わたしたちが支払う保険料は、大規模災害による保険各社の支払い総額が2年続けて1兆円を超えた2018年と2019年に、それぞれ5.5%と4.9%引き上げられました。しかし、それでもまだ十分ではなく、来年度は過去最高の10.9%の値上げになるそうです。


 かつて火災保険の期間は、住宅の平均寿命と同じ最長36年でした。しかし、災害のリスクを保険料に反映させるため、2015年から最長10年になり、来年度からはさらに最長5年に短縮されます。


 保険会社がつくる損害保険料率算出機構は、6月に出したプレスリリースで、保険料の引き上げと保険期間の短縮を算出した背景には、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が示すように「自然災害のリスクは将来にわたり大きく変化していくと見込まれており、長期的なリスク評価が難しくなっています」と、地球温暖化が原因であることを認めています。


 だれもが住み慣れた家で安心して暮らし続けることができるよう、地球温暖化を防ぎたいですね。


 あわエナジーでは、地球温暖化を防ぐために、できるだけ多くのみなさまにテラエナジーでんきに切り替えていただけるよう、引き続き努力を重ねてまいります。


 みなさまのお知り合いの方のなかに、環境にやさしい電気を使いたい、電気料金を節約したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお声がけください。あわエナジーのメンバーが説明にお伺いします。

 テラエナジーでんきに切り替える人が増えれば増えるほど、より多くの二酸化炭素を削減することができます。もっと多くのCO2が削減できるよう、力をお貸しいただければ幸いです。


注1:二酸化炭素の排出量は、以下の数値に基づいて計算しています。

   四国電力  (2019年度) 調整後排出係数 0.411 kg-CO2/kWh 

   テラエナジー(2019年度) 調整後排出係数 0.148 kg-CO2/kWh

─────────────────────────────────────────────────────

 テラエナジー株式会社

 〒615-0854 京都府京都市右京区西京極堤外町18−124

 tel : 075−974−4851 mail: info@tera-energy.com web: https://tera-energy.com/

 一般社団法人あわエナジー

 〒770-0046 徳島県徳島市鮎喰町1-35-6

 tel : 090-2899-9880 mail: info@awa-energy.com web: https://www.awa-energy.com/