エネわかちゃんの節電日記③ ~気になっちゃった編~

こんにちは。エネわかちゃんです。

節電を意識する生活を始めて何か月か経ちました。

季節が冬から春に変わったこともあり、暖房として使っていた畜断熱システムのスイッチをオフにしたことで、3月の電気使用量は1月の約半分の776kWhに、4月の電気使用量は523kWhまで激減しました!

季節によって電気使用量が変化するため、節電の努力が実っているのか検証しづらくはありますが、引き続き節電を気にする日々を送っています。


冬に使っていたストーブをかたづけたり、エアコンの掃除をしたりしながら春を迎え、ふとわが家の電化製品たちをよく見てみるとーー、


古い。


ほとんどが10年以上前のもの。

大型連休中にご近所さんたちと恒例のバーベキュー交流会をしたとき、数軒の家庭が10年もののエコキュートを新しくしたと話していました。

そういうわが家のエコキュートも10年もの。

リビングのエアコンと、冷蔵庫に至っては17年ものです。


気になって調べてみると、冷蔵庫の年間消費電力は2020年モデルだと250kWhだとか。

一方、わが家の冷蔵庫には、390kWhと書かれています。


電化製品を新しい省エネ製品に買い替えることは、究極の節電術。

かといって、冷蔵庫やエアコンを急に買い替えるのは容易ではありません。


せめてもの節電生活。

エネわか家では、まずは切れていた3か所の電球をLED電球に替えました。

これから少しずつ、取り替えていきたいと思います。


みなさまもエネわかちゃんと一緒に節電を意識した生活をしてみませんか?

次回は、節電できる住宅編です。