わが家のでんき家計簿 5

 わが家がテラエナジーでんきに切り替えから5か月がたちました。ここまでCO2と電気代は順調に削減できています。

 しかし、12月中ごろから高騰し始めた電力市場の価格が高止まりしているため、電気代削減はピンチです。


市場価格が高騰している原因は、火力発電所の燃料であるLNG(液化天然ガス)の輸入が諸事情で遅れていて出力が低下している時期に、日本列島が厳しい寒波に襲われたため、電力の需要と供給のバランスが大きく崩れたことにあると言われています。


 あわエナジーでは、再エネ比率80%の「テラエナジーでんき」は地球環境にやさしいうえ、料金も電力市場価格連動型で過去の実績からすると割安になっていたため、みなさまにもおすすめをしてまいりました。


 実際に、市場価格連動型は高いときも安いときもありますが、1年を通じてみると安くなる場合が多くなっています。


ただし、この市場価格の高騰を受けて、1月と2月の電気代はかなり高くなることが予想されます。


私たちは、地球環境にも家計にもやさしい電気として、みなさまのお役に立てるとの想いから、あすすめをしてまいりましたが、結果的に高い電気料金となってしまい、契約してくださったみなさんにはたいへん申しわけなく思っています。


寒波がおさまり、需要と供給のバランスが戻れば、また料金的にもお役に立てると思っています。今しばらく、長い目で見てくださいますようお願い申し上げます。